危惧を感じるが平和ボケした国民は事の重大さが理解できていない。

最近気になるニュースがいくつかあるのだが、まずは民進党の代表選で前原が優勢とのニュースだが、前原は確か清和会出身であり、今も自民党の清和会のメンバーとは交流があるようだ。そんな自民党とズブズブの政治にしたいのは当の本人の自民党側だろう。現に野田元総理も清和会のメンバーだったので消費税が上がった。自民党と裏でツーツーでありただ単におためぼかしのプロレスをしているだけの政治になるのである。そういう、デメリットを国民は知らないので、前原がいいなどというマスメディアに踊らされてしまうのである。前原だったらまだ清和会とは縁遠い枝野のほうがいいと思うのは、政治スキルの高い玄人の意見なので、自民党は賛成しない。プロレスができないからである。野党の不甲斐なさが極まった最近、自民党は完膚なきまでに対抗勢力の力をそぐべく行動に起こしていると考えざるを得ない。ともあれ、世は自民党一強政治。中国共産党を馬鹿に出来ないほどの反民主主義国家が出来ようとしている事に危惧を感ずる。