株式投資をやっている人のほとんどは数学を使っていません

株式ブログというのは難しく思うかもしれませんが、多くの株式ブログというものはただ単に株主優待クロスで取得した株主優待の優待券をのせたり、届いた品物の箱のままのせてて「株主優待が到着しました。」と書いて終わりだったり、「IPOに当選してほっとしてます。」という感じで書かれたものが大半です。
数学を駆使して何かを説明するようなブログというのはほぼ皆無です。
私立文系にある経済学部は入学試験も数学なしで受けることができ、卒業するまで数学をやらずに卒業できる学部もあるそうです。
かつて東京大学の文三も後期日程では少人数ですがセンター試験ですら数学なしで、しかも二次試験も数学のないまま大学に入学できました。ただ、噂では文三でもその入試で入ってきた学生の質が通常の入学試験を通ってきた学生のそれよりも劣るということで、その入試は廃止されたとか聞きますが、本当かどうか分かりません。
東京大学でもこのような感じだったので、株式ブログなどは数学の話題が全くなくて当然なのかもしれません。